P.S.fishing…

ミスターあんぽんたんの渓流釣り、レトロゲーム、雑記ブログです。。

MENU

理不尽さに勝つ。。(熱血硬派 くにおくん編)

皆様、こんにちは!

 

最近、運動不足解消のために縄跳びを買って少しやっただけで筋肉痛で動けなくなったあんぽんたんです。

 

縄跳びってキツイですねw

 

アキレス腱が切れそうです。

無理をしない程度に続けていきたいと思います。

 

 

皆様は何か新しいコトをスタートされましたか?

 

 

 

 

さて、理不尽さに勝つシリーズは15回目を迎えます。

※理不尽さに勝つシリーズはレトロゲームを振り返り当時は攻略が難しかったゲームや人気のあったゲームなどを再度プレイして攻略を目指し、あらためてレトロゲームの面白さを追求し後世に伝えていくことが目的として、私あんぽんたん独自の解釈で理不尽なゲームに挑戦していく企画です。

ネタバレが多いので、万が一これからこのゲームをプレイする予定のある方はプレイ後に読んでいただくことをオススメいたします

 

 

 

mr-anpontan2020.hatenablog.com

 

 

 

いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今回はお馴染みのレトロフリーク「熱血硬派 くにおくんに挑戦したいと思います。

 

 

 

 

 

 

概要

1987年4月17日にテクノスジャパンよりアーケード版から移植され発売されたファミリーコンピューター用アクションゲームです。

後に多く発売される一対多人数の格闘を題材にしたアクションゲームの先駆け。

1980年代に流行したツッパリ(不良)ヤンキーを題材としている。

主人公の正義の不良、「くにお」を操作し友人である「ひろし」を襲ったヤンキーと戦う。

 

ストーリー

熱血高校の生徒であるいじめられっ子のヒロシは、同校に転校してきた熱血硬派な男「くにお」と親友となる。ある日、何者かにヒロシは襲われてしまい、くにおはヒロシの敵を討つべく立ち上がるのであった。

 

 

くにおくんシリーズは後に色々なゲームが発売され人気がありましたね。

ドッジボール、サッカー、バスケ、アイスホッケー、時代劇など。

どれもこれも友人との対戦が熱かったです。

 

 

 

久々のプレイで楽しみです♪

 

 

早速やってみましょう〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

 

 

タイトル画面

f:id:Mr_anpontan2020:20210406085254p:plain

タイトル画面

 

 

レベルが1〜3まで選べるのでもちろんレベルMAXの3からスタートします笑

 

 

オープニング

f:id:Mr_anpontan2020:20210405214028j:plain

オープニング

 

オープニングはひろしがさらわれて、くにおくんがバイクで追いかけるところから始まります。

 

懐かしいです。

 

BGMもいいですね〜〜♪

 

 

操作方法

  • 自分の向いている方向でAボタンがパンチ。Bボタンが後ろ蹴り。
  • A、Bボタン同時押しで飛び蹴り。
  • 十字キーの右、左2回押すとダッシュ
  • ダッシュ中に走っている方向でAボタンでダッシュストレート。
  • ダッシュ中A、Bボタン同時押しで勢いのある飛び蹴り。
  • 何回か攻撃を受けてグロッキーになっている状態で近づくと襟を掴むので襟を掴んだ状態で攻撃をすると腹に膝蹴り。
  • 襟を掴んだ状態で向いている方向の逆方向ボタンを押しながら攻撃すると背負い投げ。
  • 敵が倒れている状態の時は馬乗りでパンチができる。( BOSSは体力が少なくなってからじゃないと馬乗りになっても弾き飛ばされる)

 

上記のように結構な攻撃パターンがあります。

 

 

ステージ1

f:id:Mr_anpontan2020:20210406113156j:plain

ステージ1

1面の最初は駅のホームで不良と殴り合い。

 

 

木刀を持っているやつがなかなか手強いです。

 

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210406163816j:plain

電車内


電車内で殴り合いです。

他に乗客が居ないのは不自然ですね。

 

そもそも電車内で乱闘騒ぎなんて無茶苦茶な話ですが・・・。

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210406164338j:plain

りき 登場

1面のボスは「りき」

 

電車のホーム下に投げ落とすこともできるが自分も落ちる可能性もあるので注意!

 

 

「おめえら なめてんじゃねえぞ」

 

 

 

うはw

そのセリフ笑

 

 

ステージ2

f:id:Mr_anpontan2020:20210406170118j:plain

ステージ2

2面は暴走族と湾岸で乱闘です。

 

 

最初の数人の族を倒したら、バイクで突っ込んでくるとんでもない奴が出てきました。

 

 

バイク野郎には飛び蹴りです。

 

 

「おいおい!それ、人が死ぬやつだよ?」

 

 

そんな気分になりましたw

 

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210410140445j:plain

ステージ2 後半

2面の後半はバイク小僧からバイクを奪ってバイクチェイスです。

 

バイクで走行中に蹴りとかマジで鬼畜・・・。

 

 

 

「それは殺人です」

 

 

 

これがまたバイク小僧がなかなか手強いんです。

 

蹴られてバイクから落下し即死。

 

やられると

 

「ざけんじゃねえ」

 

と言われます。。

 

 

 

バイクチェイスを突破するとボスのシンジがいます。

 

 

シンジは族の頭かと思われます。

こいつはソバットをかましてくるので厄介です。

 

 

 

なんとか撃破し、お決まりの「おめえら なめてんじゃねえぞ」を吐き捨てました。

 

 

 

ステージ3

f:id:Mr_anpontan2020:20210410142618j:plain

ステージ3

3面はスケバンをぶん殴ります。

 

くにおくんは女も容赦しないみたいです。

 

 

マジ無茶苦茶ですよ。。

 

 

スケバン女も容赦無くチェーンやカバンで本気で殴ってきます。

 

 

殺し合いですねwww

 

 

 

 

なんとか撃破し「おめえら なめてんじゃねぞ」を頂きました。

 

 

 

 

ステージ4

f:id:Mr_anpontan2020:20210410143718j:plain

ステージ4

 

4面は迷路でした。

どこの扉に入ればどこに出るか全くわかりません。

 

 

いきなり、りきが6人出てきたり、シンジが6人出てきたり、みすずという巨大ババアが何人も出てきたりしてもう無茶苦茶です。

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210414215335p:plain

そんな汚ねーババアの顔、誰が舐めるんだよ💢

 

 

 

各部屋に時間制限があるので相当理不尽でした。

 

 

部屋に入るとバイクが走ってくるところなんかもあります笑

 

 

 

 

 

その度に私は

 

 

 

「無茶苦茶すぎるだろ!」

 

 

 

とボヤいていましたw

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210410144815j:plain

迷路でさまよい中

 

相当に迷いました。

 

同じところを行ったり来たり・・。

 

 

結局どこに入ってどこに出るのかもわからず

ただ入っていない扉をひたすらに進んでみました。

 

 

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210410150431j:plain

ラスボス さぶ

 

遂にラスボスの さぶ 登場です。

こいつはヤクザの親分でしょうかw

 

 

拳銃を撃ってきます。

もちろん銃で撃たれたら即死です。

 

 

「うわw ガキの喧嘩に拳銃かよ」

 

 

と思いますよねwww

 

 

ラストはさぶ3人出てきました。

 

かなり手強いです。

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210414215517p:plain

さぶに拳銃で撃たれた。


1撃は死はきついな・・・。

 

 

f:id:Mr_anpontan2020:20210414215701p:plain

ゲームオーバー。。

 

 

くそうw

また最初からやり直しです😭😭😭

 

 

 

 

 

 

そして

 

エンディング

f:id:Mr_anpontan2020:20210414221142j:plain

エンディング

 

 

うおおおおお〜〜

 

やりました〜〜〜!

 

理不尽さに勝った瞬間です。

 

 

ちゃんとエンディングもありクリアした甲斐がありました〜♪

 

ってか、さらわれたヒロシは何をやらかしたんですかねw

それは最後まで不明でしたw

 

 

昭和の懐かしさを感じる内容で面白かったです。

 

 

 

 

まとめ

今回もなんとか完走できて良かったです。

これぞ昭和って感じでいいですね笑

 

 

私的にはもう少しストーリーの展開がわかりやすければいいなと思いました。

いきなり殴り合いは無茶苦茶すぎますねw

操作性については攻撃の種類も多く満足です。

 

現代ではこの演出は放送禁止ですよ笑

 

 

ということで今回は「やりすぎクソゲー認定しておきます。

 

 

そこまでクソゲーではないとは思いますけどね笑

 

 

 

次回も理不尽さに勝ちにいきます。

 

 

どうかよろしくお願いします。

 

 

 

最後までみていただきありがとうございました。

 

 

 

 

[rakuten:kaitori-marron:10014136:detail]

 

 

 

 

 

 

[rakuten:book:17491890:detail]