昭和PRIDE

昭和のおっさんMR.あんぽんたんのレトロゲーム、雑記ブログです。。

MENU

《レトロゲーム》【PCE】理不尽さに勝つ。。(カトちゃんケンちゃん編)

こんにちは〜

 

いつもあんぽんたんのブログにお付き合い頂きありがとうございます🙇‍♂️

 

 

 

もうそろ11月も終わりですね⛄️

多忙な時期に入るかと思いますが、皆様も体調など崩さないようお気をつけてお過ごしください♪

 

 

 

 

 

 

さて、今回も理不尽さに勝つシリーズをやっていきます!

※理不尽さに勝つシリーズはレトロゲームを過去の思い出と共に振り返り、当時は攻略が難しかったゲームや人気のあったゲーム、また不人気だったゲームなどを再度プレイし攻略を目指し、あらためてレトロゲームの面白さを追求し後世に伝えていくことが目的として、私あんぽんたん独自の解釈で理不尽なゲームにこの令和に昭和PRIDEを持って挑戦していく企画です。 過去に置き去りのままにしちゃいけないものはたくさんあるハズです♪ ※ネタバレですので、万が一これからこのゲームをプレイする予定のある方はプレイ後に読んでいただくことをオススメいたします…。

 

 

理不尽さに勝つ。。も第56回目になりましたね・・・・。

 

 

 

我ながら良く続いたと思います。

 

 

 

ネタはたくさんありますのでまだまだ続く予定です😅

 

 

 

どうかお付き合いをお願い致します🙏

 

 

第56回目のネタは、PCエンジンの激ムズ迷作カトちゃんケンちゃんに挑みます。

 

 

このゲームもひたすら懐かしい。

ゲーム自体は高橋名人の冒険島と似たような感じでとにかく尋常ではない難しさだったハズ。

 

過去に一度もクリアしたことはありません。

 

何度もプレイしては挫折し最終的に放置という激ムズゲーならではのフェードアウト。

 

 

ブランクがあるのにも関わらず激ムズに挑戦とは相変わらず私はイカれてますよね笑

 

 

 

 

 

まずは概要から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

概要

カトちゃんケンちゃんは1987年11月30日にハドソンよりPCエンジン用Huカード、横スクロールアクションゲームとして発売。価格は4,900円

 

当時、TBS系で放送されていたバラエティ番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」とのタイアップで制作された、PCエンジン初期のアクションゲーム。番組内で人気があったドラマ仕立て風コント「THE DETECTIVE STORY(探偵物語)」がモチーフ。

日本国外版ではキャラや演出が変更になっている。

 

 

 

ストーリー

探偵のカトちゃん(加藤茶)とケンちゃん(志村けん)がさらわれた資産家を助け出す為に調査に乗り出すという話。

 

 

ゲームシステム

操作するキャラクターは「カトちゃん(加藤茶)」「ケンちゃん(志村けん)」のどちらかを選ぶ。

 

2人には特徴がある。

      • カトちゃん(足が滑りにくい代わりに移動とジャンプのスピードが遅く、その分ジャンプの飛距離が長い)海外版はJ.Jという名前で金髪オールバックのキャラになっている。
      • ケンちゃん(カトちゃんと逆で足が滑る、移動、ジャンプスピードが早い、飛距離が短い)海外版はJeffという名前で赤毛にサングラスをしたキャラになっている。

 

どちらかというとカトちゃんの方が使いやすいという意見が多い。

 

残機+ライフ制で、時間が経過するか、敵に触れるとライフゲージが減り、無くなると1ミスになる。また、ライフに関係無く一撃でミスになる敵もいるほか、落とし穴に落ちても即ミスである。

 

この辺はほぼ高橋名人の冒険島と一緒です。

 

 

操作方法

十字キー 移動 下を押しっぱなし オナラ攻撃

Bボタン キック

Aボタン ジャンプ

 

シンプルにこれだけです。

 

 

アイテム



 

見た目通りですが左から

        • チェリー:ライフが2目盛回復。
        • メロン:ライフが2目盛回復。
        • ハンバーガー:ライフが4目盛回復。
        • ポテト:屁が遠くまで飛ぶようになる。
        • コイン:スロットマシーンに必要。
        • ハチ助:1UP
        • 鍵:各ステージのボス戦に行くのに必須
        • カップ麺:ライフ全回復 ※カップ麺は見当たりませんでした🙏(ケンちゃんラーメンは出てきません)
        • カレー:ライフゲージの最大値が2目盛り増え、全回復する。 

 

 

こんなところですかね。

 

 

※敵キャラクター紹介は後述。

 

 

ザックリとこんなところでしょうか。

 

 

 

ゲーム内にはいくつかのワープゾーンが存在しますが、もちろんそんなものは使いません。

 

 

あのゲームキング高橋名人ですら難易度が高いと苦言を呈していたという噂もあるのでクリアできるか自信はありませんがプレイしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

タイトル画面

 

お馴染みのハチ助が出て

 

 

うはー

これもまた懐かしいいいぃぃ

 

 

そーいえば、転校して行った〇〇くんがかなり上手かったなー

レトロゲームのプレイ前にはいつも当時のことを思い出します笑

 

 

 

 

オープニング

 

ということでスタートです。

私はカトちゃんを選択しました!

 

※以下、ケンちゃんを志村と呼ばせて頂きます🙏

 

 

1−1

BGMがまた良いんです♪

 

 

 

 

画面説明は必要ないですよね・・。

見たままです笑

 

高橋名人の冒険島式ですので時間が経過するとライフも減る仕組みになっています。

 

 

立ち小○をしている志村を蹴り上げると1000点入ります🤣

 

立ち○便中に蹴るとか酷すぎますよねww

 

 

 

今だとこの演出は完全にアウト笑

 

 

 

各ステージにはトイレのように扉を蹴ると入れる場所があったり、特定の場所蹴ると隠し部屋へ行けたりします。

 

 

 

 

 

 

扉に入ると、志村(またはカトちゃん)が出てきてヒントをくれたり、一時的に無敵になったり、スロットマシーンがあることも。

 

 

 

 

鉄板ネタですね笑

選択キャラが志村の場合はカトちゃんが「だいじょぶだぁ太鼓」を叩きます。

 

 

志村が野💩をしているとこを蹴り上げると1000点入ります🤣

 

スロットマシーンは、揃う絵柄によってライフが回復、ライフの最大値が増える、コインが増えることがあります。

 

 

1−1クリアです。

長くなりそうなのでここからは省略しながらいきますね。

 

 

1−2

 

1−2なのに結構難しいです・・・。

 

最後まで行けるか不安になってきました・・・(゚_゚i)タラー・・・

 

 

1−3

 

ゴミ箱の中に鍵がありました!

 

首長竜はオナラ攻撃で倒します。

首が長いだけで極短足です🤣

 

1−4

 

各ステージのボス戦までに鍵を見つけられなければなりません。

 

 

鍵がなければ前のステージに戻されます。

 

ボスのモヒカン野郎を倒して無事1面クリア!

 

 

 

2−1

 

爽やかにふざけたBGMが面白いです笑

 

 

 

2−2

 

うーん

ムズイですね・・・。

 

 

2−3

 

無事に鍵も見つけました!

 

鳥の💩が鬱陶しい・・・・。

 

2−3の志村は空き缶を投げてくるので厄介です。

 

 

2−4

 

志村は色々な手を使って邪魔してきます笑

 

いやいや

君は仲間なハズですが・・・・😅

 

ボスの髭野郎を倒して2面クリアです♪

 

 

 

3−1

 

志村はヒントをくれるのですが何を言っているかわからないこともあります・・・。

 

 

3−2

 

隠し扉がありましたが、志村のヒントではなくスロットマシーンでした・・・。

 

それにしても難易度が高いです😣

 

 

 

3−3

 

3−3で鍵を見つけられず、3−4から戻されてしまいました😭

 

 

なるほど!

志村ありがとう!

 

 

志村の言う通り、矢印のあたりを蹴ったら鍵が出てきました!

 

これでやっとボスと戦えます。

 

 

3−4

 

うおー

あぶね〜〜

 

無事にボスの金髪髭野郎を倒し3面クリアー!

 

 

 

4−1

 

さらに難易度が上がりスクショ少なめです・・。

 

 

4−2

 

え?

ルート間違えました?

 

 

 

4−3

 

今回は鍵を見つけられました!

 

 

 

4−4

 

4−4はトラップの緑のスプリングがあるので注意ですね⚠️

 

間違えて緑のスプリングで飛んでしまうと前のステージに戻ってしまうのです。

 

一度やられてしまったが、ボスのナマズ髭のハゲを倒して4面もクリアー!

 

 

 

5−1

 

敵の出てくるタイミングが意地悪すぎますね・・。

 

これは子供はクリアできませんよ・・・・。

 

 

5−2

 

短足首長竜はハッシーという名前らしいです。

そういえば、このステージからハッシーは火を吹いてくるようになりました。

 

 

5−3

 

 

やばいです・・・。

鍵が見つけられず5−4からまた5−3に戻されました・°°・(>_<)・°°・。

 

 

 

おお!

ナイス志村!

 

またしても志村に助けられました。

 

 

5−3の鍵の場所はこの墓のどれか。

墓が出てくるところは2箇所あるので注意⚠️

 

 

 

 

5−4

 

高橋名人の冒険島っぽさがかなり出てきてます。

 

何度も言いますが、とにかく激ムズですね。

 

志村の言う通り1UPためていかないとダメ。

 

ボスの山賊みたいな野郎を撃破し5面もクリアー!

 

 

6−1

 

理不尽な展開すぎて何がなんだかわかりません・・・。

 

 

6−2

 

エグい難易度だ。

 

岩やら鳥やら💩やら無茶苦茶です。

 

 

6−3

 

アホなあんぽんたんはまたやってしまいました😭

 

鍵がない・・・・・・・・。

 

6−4から6−3に戻されました・・・。

 

 

ねーんだよ・・・・。

 

 

くそうwww

 

ふざけやがって。。。。

 

 

やっと見つけました!

 

とにかく6−3も理不尽すぎ。

 

 

 

 

6−4 ラストステージ

 

残機12もあったのにムズすぎてあっという間に0になりました。

 

これが最後のボス戦です。

負けたらゲームオーバーです。

 

 

うおおおおお

あぶね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!

 

ギリギリ倒せました!

 

 

 

エンディング

 

結局はお金がもらえなかったみたいですね😅

 

 

丁寧に敵キャラとラスボスの紹介があり

スタッフロールが流れて

 

 

いや〜

ムズかった。

 

結構面白かったです🤣

 

 


www.youtube.com

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これはかなり前に書いて途中でやめていた記事でしたので、改めて最初からプレイし書き直しました。

 

とにかく激ムズすぎです。

 

BGMはやたらと中毒性があるので、たまにプレイしたくなるかもしれません🤣

 

 

そしてエンディングのBGMが寂しく、無駄に長い・・・・。

 

 

総合的には良作だと思います。

機会があれば一度はプレイしていただきたいです♪

 

 

ということで今回は「クセ強めの挫折ゲー」認定しておきます。

 

 

 

※全て個人の感想です。

 

 

 

 

次回も理不尽さに勝っていきます。

 

 

 

mr-anpontan2020.hatenablog.com

 

mr-anpontan2020.hatenablog.com

 

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。